ブログ

ラボ

最後の器材納品が今週金曜日ですが、順調に稼働しています。

ウェットのワークスペースは棚等の立体構造物の設置は極力控えています。

理由は埃がたまる原因であり、掃除が行き届かなくなる可能性が高くなるからです。

一般的なウェットラボと比較するとかなり贅沢な使い方です。

次世代シーケンサーは超高解像度でDNA解析ができるのと、環境DNAや腸内細菌相解析(糞便)および土壌微生物相解析を行うという二つの理由から、コンタミネーション対策が非常に重要です。

20160419_094322 20160419_094502 20160419_094526 20160419_094606 20160419_094637 20160419_094652

関連記事

最近の記事

  1. 2018.8.17

    コストダウン
    夏休みの自由研究の報告です。
  2. 濁った水対策のためのフィルターテストの結果が出たので報告します。
  3. ホルマリン固定サンプルに関しては今までお断りしていたのですが、コンスタントにお問い合わせがあるのでや...
ページ上部へ戻る