アーカイブ:2016年 5月

  1. スタート

    出張から帰ってきたら理研からゼブラフィッシュが到着していました。ここまでなんだかんだと1ヶ月半くらいかかりましたが、大きなトラブルもなくまぁまぁ順調です。ゼブラフィッシュのライフサイクルは3ヶ月くらいなので、ゼブラフィッシュだらけになるのはもう少し先になります。

  2. 変化しました

    昨日は暑かったですね。関東は引き続き今日も暑いようですね。自分は今日明日は仙台で仕事です(現在移動中)。腸内細菌の家族観比較と採便管中での微生物相の変化を検証したデータが出ました。

  3. 真菌について

    施肥と堆肥の切り替えし作業をしながら珈琲搾りかす堆肥観察しています。単純かつ結構な肉体労働ですが、いろいろと考えながら作業すると苦痛も軽減されます。

  4. 畑の土壌微生物解析

    今日はとても暑かったですね。生物技研農場ではトマトの定植をしました。合計178株で、内訳はティカ80株/シュガーランプ48株/フルティカ15株/カナリーベル15株/ルネッサンス12株/トスカーナバイオレット8株です。ルネッサンス以外は小玉~中玉です。

  5. あと少し

    手作りゼブラフィッシュ飼育システムも完成に近づいてきました。やはり追い風が吹いているようで、導入を検討しているお客様も多いようです。最初のテストはメラニン合成系だけではなく、別の色素合成もKOして透明度の高いゼブラフィッシュを作ってみようと思っています。

  6. 珈琲搾りかす堆肥

    昨日今日と暑いですね。10連休最終日という方もいるかと思いますが、明日からのお仕事に向けて準備は整っているでしょうか?今年の珈琲搾りかす堆肥が本日届きました。去年までは周囲の人と共同で使っていたのですが、今年から本格的に使うため専用にしてもらいました。

  7. 変化するのか?

    G.Wも終盤ですが、皆様満喫されているでしょうか?自分は自転車の練習と畑仕事でだいぶ疲れがたまってきました。土と堆肥に引き続き、腸内細菌(簡単に言うと、う●ち)のサンプリングもしました。

最近の記事

  1. 2017.9.20

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システム本格稼働

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 2017.9.12

    となりの環境第2回結果

    夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 2017.9.8

    環境DNA解析に使用するフィルターについて

    環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る