農業

  1. 生態系の活用

    冬の間に食べる用のヤツガシラに土寄せして今年の農作業終了です。今年の秋は天候不良で業務多忙で堆肥の実験も結局頓挫してしまいました。先月帯広で行われた農業関係のシンポジウムで鹿児島県での土着天敵生物の利用に関する発表がありました。

  2. 芋の収穫

    今週末は微生物生態学会のガチャガチャ当選品の一つであるサツマイモ(紅はるか)と里芋(ヤツガシラ)の収穫をしました。発送は明日or明後日の予定なので、当選された方はもう少々お待ち願います。紅はるかはこれで一畝分です→まだ一畝収穫しなければなりません。

  3. 菌根菌

    先週の土壌肥料学会では発表もいくつか聞いてきました。菌根菌の研究をしているお客様の発表が一番印象に残りました。そもそも菌根菌って何ですか?って人がほとんどだと思います。キノコやカビは大きなくくりで真菌というグループに属します。

  4. お中元

    しばらく更新しておりませんでした。お盆休みは例年通り遅れ気味の畑仕事にかなりの時間を費やしました。今年は枝豆を3回に分けて撒いたので、最後に撒いた畝分をお中元としてお取引先に送ることにしました。ビールと枝豆に舌鼓を打ちつつ、オリンピック観戦していただければと思っております。

  5. 真菌について

    施肥と堆肥の切り替えし作業をしながら珈琲搾りかす堆肥観察しています。単純かつ結構な肉体労働ですが、いろいろと考えながら作業すると苦痛も軽減されます。

  6. 畑の土壌微生物解析

    今日はとても暑かったですね。生物技研農場ではトマトの定植をしました。合計178株で、内訳はティカ80株/シュガーランプ48株/フルティカ15株/カナリーベル15株/ルネッサンス12株/トスカーナバイオレット8株です。ルネッサンス以外は小玉~中玉です。

  7. 珈琲搾りかす堆肥

    昨日今日と暑いですね。10連休最終日という方もいるかと思いますが、明日からのお仕事に向けて準備は整っているでしょうか?今年の珈琲搾りかす堆肥が本日届きました。去年までは周囲の人と共同で使っていたのですが、今年から本格的に使うため専用にしてもらいました。

  8. 珈琲搾りかす堆肥

    皆様G.Wはいかがお過ごしでしょうか?関東は4日以外は天気に恵まれそうですね。本日午前中は朝7時から冬の間埋めておいたヤツガシラの種イモを掘り起こして植えたり、枝豆用のマルチを敷設したりと頑張ってしまったのでヘトヘトです。

  9. 里芋用マルチ

    相模原の山里に300坪ほどの研究農場を持っています。主に食べたい野菜を作っています。先週珈琲搾りかす堆肥を施肥したところに、今日は牡蠣殻石灰を撒いてヤツガシラとエビイモ用に120mほどマルチを敷設しました。マルチは生分解性のものを使っています。

最近の記事

  1. 2017.9.20

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システム本格稼働

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 2017.9.12

    となりの環境第2回結果

    夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 2017.9.8

    環境DNA解析に使用するフィルターについて

    環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る