遺伝子解析

知る道具としてDNA解析を身近なものに
DNA解析

DNA はあらゆる生物(ウィルスや微生物からヒトまで)に存在する遺伝情報です。つまり生物の設計図です。
この DNA の配列を決定(解析)するのが DNA 解析です。

サンガー法と次世代シーケンス

現在広く普及している DNA 解析方法は「サンガー法」という基本技術を用いており、数年前までの約 20 年間はこの方法のみでした。しかし、ここ数年で新しい方法が次々と開発され、サンガー法(第一世代)に対して、次世代シーケンス解析と呼ばれるようになりました。
次世代シーケンスは、サンガー法と比べて、得られるDNA 配列データが圧倒的に多く、スピーディに研究を進めることができます。

<サンガー法と次世代シーケンスの比較表>

サンガー法 次世代シーケンス
データ量
例)ヒトの全てのDNA配列決定

10年

1週間程度
1runあたりのコスト
例)30,000円

例)300,000円

サンプル数が少ない、または決定したい配列が限られている場合は、サンガー法でも十分な情報が得られます。
研究内容にあった解析方法をご提案させていただきます。

 

こんな分野に活かせます

調査分野 分析法

鰻の種の判別

かば焼きからでも日本うなぎか海外種か判別できます。 サンガー法

野生生物の食性調査

糞便中のDNAを解析することで、何を餌としているかわかります 次世代シーケンス

腸内細菌フローラの変化

健康食品が腸内の微生物にどのような影響を及ぼすかがわかります 次世代シーケンス

環境DNA

環境サンプル中(例えば河川水)のDNAを解析することでそこに生息する生物を推定できます 次世代シーケンス

DNA変異箇所の特定

リシーケンスやRAD seqにより変異箇所を特定できます。 次世代シーケンス

 

 

次世代シーケンス解析

サンガー法によるDNA解析

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. ツバメの食事
  2. う●ちぶっ壊し実験
  3. お米のRAD-seq解析

最近のブログ

  1. 2017.9.20

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システム本格稼働

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 2017.9.12

    となりの環境第2回結果

    夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 2017.9.8

    環境DNA解析に使用するフィルターについて

    環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る