<アンプリコンシーケンス解析応用編>ブロッキング

DNA増幅阻害/選択的増幅技術を用いた生物相の解析
ブロッキング

食性解析や植物病原菌の菌叢解析に!

1.C3 spacer修飾を用いた食性解析

解析費用は安価ですが、宿主DNAを完全に抑制することが難しく、また種特異的なブロッキングも困難です。予備的な実験に向いています。

<追加料金>
ブロッキングプライマー設計・合成費用
20,000円/生物種(税別)

●解析の具体例
アジの餌生物の推定(COI領域)

スーパーで購入したアジの内臓を用いて、食性解析を行いました。
右下に、検出された生物由来のリード数を棒グラフで示します。

c3spacer修飾を用いたブロッキング

 

2.ペプチド核酸Peptide Nucleic Acid(PNA)を用いた菌叢解析

解析費用は高価ですが、葉緑体とミトコンドリアのブロッキングが可能です。

<追加料金>
ライブラリー調整費用
15,000円/8サンプル(税別)

●解析の具体例
種子の菌叢解析(16S rRNA V4領域)

牧草の種子を用いて、菌叢解析を行いました。

※本解析では、種子にミトコンドリア由来のDNAが少なく、Anti-mitochondriaの効果は検証できていません。

PNAを用いたブロッキング

 

3.人工核酸 Locked Nucleic Acid(LNA)を用いた菌叢解析

解析費用は高価ですが、種特異的なブロッキングが可能です。

<追加料金>
ライブラリー調整費用
20,000円/8サンプル(税別)

LNAの設計・合成※1
120,000円/2本(税別)
真菌特異的プライマーは既に設計・合成済みですので料金不要です。

※1 鹿児島大学農学部の池永先生・境先生が開発した、特許第5846496および特願2016-051621の遺伝子増幅方法をし様

●解析の具体例
植物サンプルの菌叢解析(ITS領域)

ITS1からITS2領域をPCR法で増幅後、gITS7とITS4を用いてITS2領域のみを再度増幅して菌叢解析を行いました。

LNAを用いたブロッキング

次世代シーケンス解析

生物種の同定

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. 味噌-2
  2. う●ちぶっ壊し実験
  3. お米のRAD-seq解析

最近のブログ

  1. 2017.10.4

    となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。
  2. 2017.10.3

    となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。
  3. 2017.9.28

    ナノバブル水

    ナノバブル水と検索するとたくさん出てきます。自分も直接および間接的にいろいろな情報を聞いています。
ページ上部へ戻る