環境DNAの解析

生物技研の環境DNA解析は2通り

野生生物の生態調査は捕獲や観察といった直接的手法を中心として行われており、多くの労力と費用が必要です。また、高度な専門知識と経験が必要であり、専門家以外では生態調査を行うことは不可能でした。
近年水中を泳ぐ生物から分泌される体液や鱗、排せつされる糞便由来の「環境DNA」を解析することが可能になり注目を集めています。
生物技研では次世代シーケンサーとリアルタイムPCRを用いて高解像度での解析を行い、環境サンプルに含まれている生物の痕跡を見つけ出します。網羅的解析に加え、特定の生物種に限定して解像度を上げて解析することも可能です。

メタバーコーディング解析
魚類以外にも哺乳類、節足動物、有尾目などの解析も可能です。自社開発プライマーを続々リリース中!

種特異的リアルタイムPCR解析
定量も可能になりました!

FAQ

弊社サービスの特徴

  1. 水を汲んで送付するだけ!ろ過から承っています。
  2. 1サンプルからOK!
  3. 海水・淡水どちらもOK!
  4. プライマーの設計もお任せください。
  5. より正確なデータを得るためのオプションもあります
環境DNA解析のパンフレットPDF

次世代シーケンス解析

生物種の同定

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. 口腔内細菌相解析
  2. 味噌
  3. 土壌用DNA抽出キット

最近のブログ

  1. 2017.10.4

    となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。
  2. 2017.10.3

    となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。
  3. 2017.9.28

    ナノバブル水

    ナノバブル水と検索するとたくさん出てきます。自分も直接および間接的にいろいろな情報を聞いています。
ページ上部へ戻る