環境DNAの解析 FAQ

環境DNAの解析
よくあるご質問

Q1.採水時の注意点はありますか?

●容器
ポリ瓶を再利用する場合は10倍希釈した漂白剤(ブリーチ)に3時間以上浸した後、蒸留水でよく流してからお使いください。新品の場合はこの作業は必要ないと考えていますが、慎重を期す場合は行ってください。
●採水
必ず手袋をして採水してください。
●保存
採水後はできる限り早く冷蔵保存してください。冷蔵保存が難しい場合は、下記Q2の「冷蔵保存・送付が難しい場合」を参考にしてください。

 

Q2.サンプル送付時の注意点はありますか?

サンプルが漏れないように蓋をしっかり閉めてください。
必ず冷蔵便で、下記へ送付してください。
※冷凍は推奨しません。凍結融解に伴い細胞が破壊され、解析対象であるDNAが溶液中に放出され、フィルターを通り抜けてしまうためです。

冷蔵保存・送付が難しい場合
「オスバン消毒液」を添加し、常温保存する方法がございます。
2017年4月に発表された下記の論文にて、塩化ベンザルコニウム0.01%添加により10日程度の保存が確認されています。
塩化ベンザルコニウムは「オスバン消毒液」という製品名で10%のものが販売されているので、水1Lに対してオスバンを1ml添加すればよいです。
<参考論文>A simple method for preserving environmental DNA in water samples at ambient temperature by addition of cationic surfactant

======================================
サンプル送付先 ※平日着でお願いします
————————————–
株式会社 生物技研
〒243-0022
神奈川県厚木市酒井3068 天幸第7ビル5階
TEL 046-280-4118
======================================

 

Q3.見積書作成を依頼する際に必要な情報は何ですか?

<メタバーコーディング解析の場合>
・サンプル数
・解析対象(魚類相、動物相、その他)
※魚類相の場合は12S rRNA(MiFish)、動物相の場合はCOI領域を解析します。
その他の場合は解析が可能かを調べてお返事いたします。

<qPCR解析の場合>
・サンプル数
・解析したい生物名

 

Q4.1つのサンプルを網羅的・種特異的の2通りで解析できますか?

可能です。 ※qPCR解析の対象が1生物種で、既にプライマーがある場合
<価格例>

・ろ過・DNA抽出
20,000円
・メタバーコーディング解析
20,000円
・qPCR解析
15,000円
  合計
55,000円(税別)

<納期>20営業日

 

Q5.何か事前情報は必要ですか?

メタバーコーディング解析の場合、生息が予想される生物種リストをご連絡いただければ、対象生物がデータベースに入っているかどうかを予め確認できますので、情報があれば送付をお願いします。

 

Q6.生物量を推定できますか?

実験室レベル(閉鎖系)では生物量もある程度推定可能なようですが、現時点では野外(開放系)では困難というのが弊社の見解です。

次世代シーケンス解析

サンガー法によるDNA解析

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. ツバメの食事
  2. お米のRAD-seq解析
  3. 味噌

最近のブログ

  1. 2017.9.20

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システム本格稼働

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 2017.9.12

    となりの環境第2回結果

    夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 2017.9.8

    環境DNA解析に使用するフィルターについて

    環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る