RAD-seq解析

RAD-seq解析サービス

 

RAD-seq解析サービス内容

価格 御見積りいたします
解析内容(目的や対象生物、サンプル数など)をお知らせください。最適なプランをご提案いたします。
参考価格)24サンプルの例  ※税別
ライブラリー調製 50,000円/8サンプル×3=150,000円
シーケンス解析(4,000万リード保証)  140,000円
データ解析               200,000円~
納期 6週間
2017年1月よりサンプル情報提供用紙のご記入をお願いしております。
必ずこちらの「サンプル情報提供用紙」にご記入いただき、解析サンプル発送時に同封願います。

 

RAD-seq解析の流れ

 (お客様)サンプルの送付
ゲノムDNA (50ng/ul、20ul 程度 )をお送り下さい。また、データ解析依頼書にご記入の上、dna@gikenbio.comへ送信ください。
品質確認
Fragment analyzerを用いて、DNAの断片化の程度を確認致します。断片化が進んでいるようなDNAは、解析対象から外すことがあります。
ライブラリー作製
ddRAD法を用いてライブラリーを作製致します。使用する制限酵素は、MspIとEcoRIの組み合わせですが、別の制限酵素からお選び頂くことも可能です。
シーケンス解析
Illumina NextSeq 500を使用してシーケンシング解析を行います。試薬はNextSeq Reagent Kit V2 (75cycles)を使用して、75bpのシングルリードを取得します。

 

 

データ解析

 

 

 

系統発生解析:
Stacksを用いてRADseq lociをde novoアセンブルを行います。その後、RAxMLを使用してGTR+gammaモデルを用いた最尤法により進化速度を推定します。
連鎖地図作成:
Bowtieを用いてレファレンスにリードをマップした後、samtoolsとbcftoolsを用いて、SNPを検出致します。その後、vcftoolsを用いてSNPのフィルタリングを行います。さらに、欠測した遺伝子型のデータをBeagleにより補完致します。補完された遺伝子型データをもとにJoinmapを使用して、連鎖地図を作成致します。
QTLマッピング:
連鎖地図作成と同様の方法で遺伝子型を決定した後、R/qtlを用いてQTL領域を推定致します。

 

 

RAD-seq解析参考例

お知らせ:なんでもかんでもアンプリコンシーケンスにお米のRAD-seq解析事例をアップしましたお米のRAD-seq

解析事例-1)植物の地域個体群を解析

【系統樹作成】

tree

解析事例-2)ある特徴的な性質をもった魚類の解析
RAD解析例

野生型88個体、変異型96個体を解析し、連鎖地図作成およびQTLマッピングを行った。

【連鎖地図作成】
qtlmaping

【QTLマッピング】
qtlmapping

RAD-seq解析のパンフレットPDF

次世代シーケンス解析

生物種の同定

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. 味噌-2
  2. 味噌
  3. キムチ

最近のブログ

  1. 2017.10.4

    となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。
  2. 2017.10.3

    となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。
  3. 2017.9.28

    ナノバブル水

    ナノバブル水と検索するとたくさん出てきます。自分も直接および間接的にいろいろな情報を聞いています。
ページ上部へ戻る