お知らせ

5.112017

サービスアップ

アンプリコンシーケンス、環境DNA、RNA-seq、ゲノム解析でサービスアップしました。

【アンプリコンシーケンス】

・MiSeq V3 600サイクルでの解析を標準としましたので、解析対象領域が400bpを超えても追加料金はかかりません。

・データ解析にサンバーストチャートが追加されました。各サンプルごとの菌叢を手軽に、より詳しく見ることができます。

サンバーストチャートのデモデータ

・お客様でライブラリー調製していただく場合、等量混合は不要になりました。弊社で1サンプルづつライブラリーの定量とフラグメントアナライザーによるピークの確認をします。

・お客様がライブラリー調製に使用するプライマーのうち、2ndプライマーはFとR混合済の状態で8連チューブでの提供となります。ただ、発送手数料として1,500円(税別)ご請求させていただくことになりました。

【環境DNA/網羅的解析】

MiFish(魚類特異的解析)以外にも、哺乳類特異的プライマー(MiMammal)と節足動物特異的プライマー(MiInsect)での解析が可能となりました。

哺乳類特異的プライマーはテストの結果、脊椎動物全般を検出できるようなものでした。

節足動物用プライマーは自社で開発しました。

両方ともデモデータダウンロード可能です。

環境DNA/網羅的解析のページ

【RNA-seq】

納期重視と価格重視の二つのコースを設定しました。

【ゲノム解析】

ゲノムサイズ100Mbを超えるような生物についてもご依頼可能となりました。

過去のお知らせ

  1. 9.122017

    日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会3学会合同大会に出展します

    名古屋大学で9月22日-25日に開催される日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会3学会合同...

  2. 8.282017

    サービスアップとキャンペーン

    本日よりサービスアップとキャンペーンを開始します。

  3. 8.222017

    環境微生物系学会合同大会2017に出展します

    8月29-31日に東北大学で開催される環境微生物系学会合同大会2017に出展します。

ブログ

  1. ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る