ブログ

  1. 環境DNAと野生生物の食性解析

    環境DNAと野生生物の食性解析のページを更新しました。両方とも具体的な事例をアップしました。

  2. 新規ビジネス?

    腸内細菌を解析しているお客様といろいろお話ししてきました。webにアップしている自分を含めた家族の腸内細菌データで弊社サービスを説明しました。

  3. oxford nanopore

    G.W明けから出張続きで技術的なアップデートを怠っていたら、いつのまにかoxford nanoporeの小型機が市販開始されていました。なのですぐにポチッとしました。テスト結果はお知らせしていきます。

  4. 海藻分解細菌

    先日テストデータとしてアップした腸内細菌の家族間比較のデータを利用してプレゼン資料を作っていたところ、一つ興味深いデータがありました。最近テレビでも数回取り上げられている海藻を分解するBacteroides plebeiusという細菌に関してです。

  5. ゲノムサミット

    昨日はゲノムサミットに出展してきました。いろんなお客様とお話しすることができました。腸内だけではなく口腔内細菌相も盛り上がってきているようなので、次のテストは口腔内細菌相について、家族間比較とプライマーセットによる違いがでるかどうかをやってみようと思っております。

  6. スタート

    出張から帰ってきたら理研からゼブラフィッシュが到着していました。ここまでなんだかんだと1ヶ月半くらいかかりましたが、大きなトラブルもなくまぁまぁ順調です。ゼブラフィッシュのライフサイクルは3ヶ月くらいなので、ゼブラフィッシュだらけになるのはもう少し先になります。

  7. 変化しました

    昨日は暑かったですね。関東は引き続き今日も暑いようですね。自分は今日明日は仙台で仕事です(現在移動中)。腸内細菌の家族観比較と採便管中での微生物相の変化を検証したデータが出ました。

  8. 真菌について

    施肥と堆肥の切り替えし作業をしながら珈琲搾りかす堆肥観察しています。単純かつ結構な肉体労働ですが、いろいろと考えながら作業すると苦痛も軽減されます。

  9. 畑の土壌微生物解析

    今日はとても暑かったですね。生物技研農場ではトマトの定植をしました。合計178株で、内訳はティカ80株/シュガーランプ48株/フルティカ15株/カナリーベル15株/ルネッサンス12株/トスカーナバイオレット8株です。ルネッサンス以外は小玉~中玉です。

  10. あと少し

    手作りゼブラフィッシュ飼育システムも完成に近づいてきました。やはり追い風が吹いているようで、導入を検討しているお客様も多いようです。最初のテストはメラニン合成系だけではなく、別の色素合成もKOして透明度の高いゼブラフィッシュを作ってみようと思っています。

最近の記事

  1. 2018.1.8

    仮面ライダー

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
  2. 2017.12.28

    ホースクリップ

    今年も一年お世話になりました。
  3. 2017.12.17

    生物技研は町工場です。

    普段はテレビドラマはほとんど見ないのですが、たまたま先々週くらいから始まったNHKの「マチ工場のオン...
ページ上部へ戻る