なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

ツバメの食事

ツバメの食事

いろんな虫を食べていました

会社の人で家にツバメの巣があるというので糞便をアンプリコンシーケンスしてみました。

小さな昆虫をいろいろと食べていました。

現在は動物全般を検出するCOIという遺伝子を使っていますが、節足動物(いわゆる虫のたぐい)に特化したプライマーで解像度を上げることができればどんなハエやクモかがわかると思うので、今後はやっていこうと思っています。

thubame_2016

なんでもかんでもアンプリコンスシーケンスとは?

弊社の次世代シーケンス解析サービスの主力商品であるアンプリコンシーケンス解析はリーズナブルかつ非常に強力なツールです。
簡単に言うと、どんな物であってもその中に入っているDNAを決定し、どのような生物が入っているのかを明らかにできます。 こんなことは他の技術ではできません。
弊社ではアンプリコンシーケンスの素晴らしさをしっていただくために、いろんな物をアンプリコンシーケンスして、その結果をwebで公開していきます。
真面目な実験技術に関する内容もありますが遊びネタもあります。某テレビ局のホ●マでっかTVくらいに受け止めていただけたら幸いです。
>>調べたもの一覧を見る

>>アンプリコンシーケンス解析サービス内容

ブログ

  1. 2017.10.4

    となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。
  2. 2017.10.3

    となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。
ページ上部へ戻る