なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

口腔内細菌相解析

プライマー設定領域の検証

口腔内細菌相解析

原因はつきとめられませんでした

展示会でブースに立ち寄られたお客様に、口腔内細菌相解析において16Sのプライマー部位による比較をした資料がないかとご要望をいただいたので実際にやってみました。

サンプルは腸内細菌と同じ人です。

【結果】

(1)子供と母親は比較的似ていました。

(2)V3/V4領域とV4領域の結果はほぼ同じでしたが、V1/V2領域の結果は若干違っていました。

→腸内細菌や水サンプルで検証した結果(データ非公開)とほぼ同じでした。

子供は寝起きの時オジサン顔負けの口臭を放っていることが多いのですが、その原因は突き止められませんでした。

teeth-1teeth-2

 

なんでもかんでもアンプリコンスシーケンスとは?

弊社の次世代シーケンス解析サービスの主力商品であるアンプリコンシーケンス解析はリーズナブルかつ非常に強力なツールです。
簡単に言うと、どんな物であってもその中に入っているDNAを決定し、どのような生物が入っているのかを明らかにできます。 こんなことは他の技術ではできません。
弊社ではアンプリコンシーケンスの素晴らしさをしっていただくために、いろんな物をアンプリコンシーケンスして、その結果をwebで公開していきます。
真面目な実験技術に関する内容もありますが遊びネタもあります。某テレビ局のホ●マでっかTVくらいに受け止めていただけたら幸いです。
>>調べたもの一覧を見る

>>アンプリコンシーケンス解析サービス内容

ブログ

  1. 2017.9.20

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システム本格稼働

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 2017.9.12

    となりの環境第2回結果

    夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
ページ上部へ戻る