なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

味噌

味噌

合わせ味噌の微生物相も合わせたものでした

米麹味噌、合わせ味噌、赤味噌、白味噌の4種類の菌相解析をしました。

キムチと違って使われている原料が単純なので菌相も単純で、合わせ味噌以外の3種類はほぼ一種類の菌が占有していました。

米麹味噌ではTetragenococcus halophilusという醤油醸造における乳酸菌として圧倒的な優占種である菌が優先していました。

合わせ味噌は赤味噌と白味噌を足した感じになりました。

 

みそ

なんでもかんでもアンプリコンスシーケンスとは?

弊社の次世代シーケンス解析サービスの主力商品であるアンプリコンシーケンス解析はリーズナブルかつ非常に強力なツールです。
簡単に言うと、どんな物であってもその中に入っているDNAを決定し、どのような生物が入っているのかを明らかにできます。 こんなことは他の技術ではできません。
弊社ではアンプリコンシーケンスの素晴らしさをしっていただくために、いろんな物をアンプリコンシーケンスして、その結果をwebで公開していきます。
真面目な実験技術に関する内容もありますが遊びネタもあります。某テレビ局のホ●マでっかTVくらいに受け止めていただけたら幸いです。
>>調べたもの一覧を見る

>>アンプリコンシーケンス解析サービス内容

ブログ

  1. 2017.10.4

    となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。
  2. 2017.10.3

    となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。
ページ上部へ戻る