なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

土壌用DNA抽出キット

技術情報

土壌用DNA抽出キット

土壌からDNAを抽出するキットの性能比較をしてみました。 最近のはどれも優秀です。

DNA抽出キットの評価を自社圃場のクロボク土壌と珈琲搾りかす堆肥で行いました。

評価したキットは方法のことなる3種類です。

・ISOIL(CTAB/クロロフォルム使用)
・Extrap Soil(ビーズ精製)
・FAST DNA SPIN(カラム精製)

ちなみにFAST DNA SPINは土壌抽出用キットの世界標準的ポジションらしいです。

菌相解析の結果はほとんど変わりませんでした。

データは載せておりませんが、収量もほぼ同じです。

クロボク土壌からのDNA抽出というと一昔前はキットによっては全然DNAがとれないものもあったようですが、今はどれも優秀ですね。

珈琲搾りかす堆肥については写真の白い部分をサンプリングしてみました。

教科書的には放線菌がたくさんいるという部分ですが、今回はバシラス綱に属する数種の好熱性細菌が優先していました。

堆肥のバラつきはサンプリングのバラつきだと思います。

堆肥については今後いろんな条件で調べていきます。

 

gray_compost

堆肥クロボク土壌

なんでもかんでもアンプリコンスシーケンスとは?

弊社の次世代シーケンス解析サービスの主力商品であるアンプリコンシーケンス解析はリーズナブルかつ非常に強力なツールです。
簡単に言うと、どんな物であってもその中に入っているDNAを決定し、どのような生物が入っているのかを明らかにできます。 こんなことは他の技術ではできません。
弊社ではアンプリコンシーケンスの素晴らしさをしっていただくために、いろんな物をアンプリコンシーケンスして、その結果をwebで公開していきます。
真面目な実験技術に関する内容もありますが遊びネタもあります。某テレビ局のホ●マでっかTVくらいに受け止めていただけたら幸いです。
>>調べたもの一覧を見る

>>アンプリコンシーケンス解析サービス内容

ブログ

  1. 2017.10.4

    となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。
  2. 2017.10.3

    となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。
ページ上部へ戻る