DNBSEQ(旧MGISEQ)の受託解析サービス

DNBSEQ(旧MGISEQ)の受託解析サービス

低価格で高品質のシーケンシング解析

解析サービス データ量 価格(税別)
ゲノム解析 バクテリアとアーキア 1Gb 40,000円
ゲノムサイズ100Mbまで 5Gb 50,000円
ゲノムサイズ1Gbまで 50Gb 180,000円
ショットガンメタゲノム解析 5Gb 50,000円
RNA-seq解析※1 2,000万リード 40,000円
メタトランスクリプトーム解析※2 3,000万リード 70,000円

①サンプルQC(DNAサンプルは濃度測定のみ) ②ライブラリー調製 ③シーケンシング解析(150PE)が上記価格に含まれています。
※1 参照配列へのマッピングとカウントも含まれています。
※2 rRNA除去も含まれています。

納期:4~6週間

すべての作業を自社(国内)で行います。

 

DNBSEQについてよくあるご質問

Q1.特徴は?

A1.なんといってもコストパフォーマンスがよいことです。低価格で高品質のショートリードが取得できます。

 

Q2.イルミナ社のNGS用のライブラリーと互換性はある?

A2.DNBSEQでシーケンシング解析するには、DNBSEQ用の専用キットでライブラリー調製することが必要になります。そのため、illumina社のキットで作製されたライブラリーをシーケンシング解析することはできません。

 

Q3.出力データはどんな形式?

A3.出力はfastqファイルで、Q値は最新のイルミナ社製シーケンサーと同様にsanger形式です。

 

Q4.生データのクオリティは?

A4.DNBSEQ-G400(MGI社)とHiSeq(イルミナ社)を用いてシーケンシング解析を行い、取得したリードのQ20およびQ30を比較したところ、2機種のそれらは同等でした。

 

Q5.解析事例はありますか?

A5.以下の通り、弊社で解析しました。
DNBSEQ-G400(MGI社)とHiSeq(イルミナ社)を用いてシーケンシング解析を行い、取得したリードでそれぞれアセンブルしました。2機種の結果を比較するとほぼ同等(少しDNBSEQ-G400のほうがまとまっている)でした。
※対象生物はヒラメです。また、アセンブラーはMaSuRCAを使用しました。

DNBSEQ解析事例

次世代シーケンス解析

生物種の同定

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. う●ちぶっ壊し実験
  2. お米のRAD-seq解析
  3. 味噌

最近のブログ

  1. 2020.4.6

    通常稼働してます

    お客様やお取引様から新型コロナウイルスの影響でサンプル受け取り可否のお問い合わせもちょくちょくありま...
  2. 2020.4.2

    本年度もよろしくお願いします

    昨日から令和2年度がスタートしました。
  3. 2020.3.26

    エコラーバ®

    エコラーバという商標登録が完了しました。生物技研BSFプロジェクトは本日よりエコラーバに変更です。
ページ上部へ戻る