DNBSEQ(旧MGISEQ)の受託解析サービス

DNBSEQ(旧MGISEQ)の受託解析サービス

低価格で高品質のシーケンシング解析

解析サービス データ量 価格(税別)
ゲノム解析 バクテリアとアーキア 1Gb 40,000円
ゲノムサイズ100Mbまで 5Gb 50,000円
ゲノムサイズ1Gbまで 50Gb 180,000円
ショットガンメタゲノム解析 5Gb 50,000円
RNA-seq解析※1 2,000万リード 40,000円
メタトランスクリプトーム解析※2 3,000万リード 70,000円

①サンプルQC(DNAサンプルは濃度測定のみ) ②ライブラリー調製 ③シーケンシング解析(150PE)が上記価格に含まれています。
※1 参照配列へのマッピングとカウントも含まれています。
※2 rRNA除去も含まれています。

納期:4~6週間

すべての作業を自社(国内)で行います。

 

DNBSEQについてよくあるご質問

Q1.特徴は?

A1.なんといってもコストパフォーマンスがよいことです。低価格で高品質のショートリードが取得できます。

 

Q2.イルミナ社のNGS用のライブラリーと互換性はある?

A2.DNBSEQでシーケンシング解析するには、DNBSEQ用の専用キットでライブラリー調製することが必要になります。そのため、illumina社のキットで作製されたライブラリーをシーケンシング解析することはできません。

 

Q3.出力データはどんな形式?

A3.出力はfastqファイルで、Q値は最新のイルミナ社製シーケンサーと同様にsanger形式です。

 

Q4.生データのクオリティは?

A4.DNBSEQ-G400(MGI社)とHiSeq(イルミナ社)を用いてシーケンシング解析を行い、取得したリードのQ20およびQ30を比較したところ、2機種のそれらは同等でした。

 

Q5.解析事例はありますか?

A5.以下の通り、弊社で解析しました。
DNBSEQ-G400(MGI社)とHiSeq(イルミナ社)を用いてシーケンシング解析を行い、取得したリードでそれぞれアセンブルしました。2機種の結果を比較するとほぼ同等(少しDNBSEQ-G400のほうがまとまっている)でした。
※対象生物はヒラメです。また、アセンブラーはMaSuRCAを使用しました。

DNBSEQ解析事例

次世代シーケンス解析

生物種の同定

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. ツバメの食事
  2. 味噌
  3. う●ちぶっ壊し実験

最近のブログ

  1. 2020.2.13

    大野さん食堂

    10月に開始してから毎週木曜日は大野さん食堂です。
  2. 2020.2.12

    ミズアブ御飯

    予定通りミズアブ御飯を作りました。週末はリゾットです。
  3. 2020.2.9

    BSFプロジェクト

    年度末繁忙期でブログのネタがありません。BSFプロジェクトのネタをアップします。
ページ上部へ戻る