ショットガンメタゲノム解析

ショットガンメタゲノム解析 キャンペーン

1. キャンペーン内容

キャンペーン期間 2018年11月15日(木)~2019年1月18日(金)
価格 50,000円/サンプル(税別)
納期 サンプル到着後2~3か月
※サンプル到着〆切は2019年1月18日(金)。2019年3月27日(水)までに納品いたします。
サービス内容 ライブラリー調製(アダプター付加) 以下の方法でライブラリーを調製します。
●抽出DNAが数百ngから1ug程度の場合
→ KAPA Hyper prep Ki(t KAPA Biosystems社)を用います。
●抽出DNAが100ng未満の場合
→ Nextera XT DNA Library Prep Ki(t illumina社)を用います。
ライブラリーの品質確認 Fragment Analyzer等を用いて、ライブラリーの品質確認を行います。
シーケンシング解析 HiSeq 150bpペアエンドでシーケンシング解析します(4Gb程度)。
※より多くのデータ量ご希望の場合も対応可能です。
4Gb単位で追加料金3万円となります。
ご提供いただくサンプル・情報 1. 抽出DNA溶液(液量20ul以上)
※DNA断片化の程度はお客様側で電気泳動により確認してください。
※平日着・冷蔵便(冷凍便でも可)で(株)生物技研へ送付ください。
2. サンプル情報提供用紙
3. オーダーシート
納品物 DVDやUSBなどの記録媒体にて納品します。
<データ内容>
・作業報告書
・シーケンスデータ(fastq形式)

データ解析は含まれていません。データ解析ご希望の場合、お客様のご要望に応じた解析を行います(下記参照)。

 

2. データ解析(オプション)

例)アセンブルから機能分類まで 10万円(税別)

はじめに生リードから低品質の配列の除去を行います。次に、アセンブルソフトウェア megahit によるアセンブルを行い、Contigを提供します。同時に、N50や総塩基数などの統計データを提供します。
アセンブルによって得られたドラフト配列に対して、prokkaソフトウェアによるオートアノ テーションを行います。
出力された予測タンパク質配列(multi-fasta形式)、遺伝子アノテーション(gff形式)、genbank形式データなどを提供します。
最後に、COG解析を用いて、予測されたタンパク質の機能的分類を行ったデータも提供します。

ショットガンメタゲノムデータ解析

3. よくある質問

Q1. 2月中に納品してもらいたいのですが可能ですか?

A1. 11月中に弊社にサンプルを送付いただけば、2月中の納品が可能です。

Q2. 納期を早めることは可能ですか?

A2. シーケンシング解析のスケジュールで早まることはありますが、お約束はできません。

Q3. ショットガンメタゲノム解析ではどういったことがわかりますか?

A3. アンプリコンシーケンス解析による菌叢解析では、16S rRNAなど一つの遺伝子のシーケンスデータを取得します。一方、ショットガンメタノゲム解析では、サンプル中に含まれるすべてのDNAの配列データを取得します(→機能遺伝子の情報が得られます)。

 

4. チラシPDF

 

ショットガンメタゲノム解析キャンペーンちらしPDF

5. お問合せ・サンプル送付先

●お問合せ・お見積り依頼

お問合せフォーム、メール(dna@gikenbio.com)、または お電話(042-780-8333)でお気軽にご相談ください。

●サンプル送付先

移転のため送付先が変更になりました。ご注意ください。
株式会社生物技研
〒252-0154 神奈川県相模原市緑区長竹657 / TEL 042-780-8333
※平日着でお送りください。発送は元払いでお願いしています。
<添付書類>
サンプル情報提供用紙→サンプル送付時に同封ください。
オーダーシート→dna@gikenbio.comへ送信ください

次世代シーケンス解析

生物種の同定

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. 味噌-2
  2. 味噌
  3. キムチ

最近のブログ

  1. 2019.6.18

    LoopSeq を使用した16S全長解析のデモデータ

    LoopSeq を使用した16S全長解析のデモデータを見てみたいというお問い合わせを何件かいただいて...
  2. 2019.6.3

    やぎのキャラクターについて

    6月10日からの新社屋での稼働へ向けて準備が進んでおります。6月1日(土)に出入口が完成しました。
  3. 2019.5.19

    細菌叢の系統推定結果を属レベルから種レベルに

    2018年秋から、EzBioCloud 16S database を使用したデータ解析をアンプリコン...
ページ上部へ戻る