ブログ

機械との関係

最近人工知能とか機械学習、ディープラーニングって言葉を耳にすることが多くなってきたと思います。次世代シーケンス解析で得られた大量のDNA配列データもディープラーニングを使って解析しようという流れがきています。
最近気になったニュースはアルファ碁同士が対戦した棋譜を公開した記事です。今までのプロ棋士では思いつかない着手がたくさん登場し、将棋界を騒然とさせているようです。自分は将棋に全く縁がないのですが、この記事をみて自分は人工知能と会話してみたいと思いました。正直ちょっとワクワクしました。
機械が使う物から、パートナーになる日がそこまで来ているんだと思います。
それでも生物は寿命があるけど機械には寿命が無いという決定的な違いが依然として存在しますが、ディープラーニングが進んでいくと、人工知能がなんらかのトラブルで復旧不可能となった場合、同じ状態を再現すること技術的に可能なのでしょうか?
もし再現不可能であれば生物に近いものだと思ってしまいます。自分は専門外なので全く知りません→誰か知っている人教えてください。

書類作りからようやく解放されて勝手なことを書いております。

関連記事

最近の記事

  1. ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る