野生生物の食性解析

野生生物の食性解析

1bd5f8390a26d4449cf770efaccfc035

野生生物の食性調査は糞や胃内容物から、形態観察によって餌生物を推定していました。これには、高度な専門知識と経験が必要であり、また餌が消化されてしまうと形態観察が不可能になるという問題点がありました。

近年注目されているのは、糞や胃内容物から「餌生物由来のDNA」を解析することで、餌生物を推定する方法です。

しかしながら、糞便に含まれているDNAは圧倒的にホスト由来のDNAが多いです。餌生物由来のDNAは、ホスト由来のDNAと比較すると存在量が少なく、また消化によって断片化されているため、DNAを増幅するのが困難です。そのため何も処理しないと、配列データの約70%以上はホスト由来の配列になります。

生物技研では、ホスト由来のDNAの増幅を抑制するブロッキ ングプライマーを生物種ごとにご用意します。これを用いると餌生物由来のデータの割合が飛躍的に向上し、より信頼性の高いデータが得られます。

1. 野生生物の食性解析 価格と納期

 

価格 解析 30,000円/サンプル(税別)
ブロッキングプライマーの設計・合成 20,000円/生物種(税別)
納期 20営業日
納品物 以下のデータをDVD等の記録媒体に保存して納品します。
・報告書
・シーケンス生データ(fastq形式)
・データ解析結果(エクセルファイル)
・DDBJのデータベース登録に必要なデータ

2.野生生物の食性解析の流れ

(お客様)サンプルの送付・情報 弊社から専用チューブを送付致します。糞便や胃内容物(注1)を入れて頂き、冷凍便で送付下さい。また、ブロッキングプライマーの設計を行うため、ホスト生物の学名をご連絡下さい。
ブロッキングプライマーの設計(注2) ホストの生物用のブロッキングプライマーを設計致します。
DNA抽出 凍結乾燥後、ビーズショッカーを用いて凍結破砕を行います。その後、DNAを抽出します。
ライブラリー作製 12S rRNA(MiFish)やCOI領域などをターゲットとして、シーケンスライブラリーを作製します。作製されたライブラリーの濃度と品質を確認致します。
シーケンス解析 Illumina MiSeqを使用してシーケンシング解析を行います。試薬はMiSeq Reagent Kit V3 (600cycles)を使用し、2x300bpのpaired-endリードを取得します。
データ解析 usearchソフトウェアを用いて、得られたリードをoperational taxonomic unit (OTU)にまとめます。OTUとリードカウントをまとめた表をご提供致します。また、データベースの配列と97%以上の配列相同性があるOTUは、BLAST結果を併記します。

(注1)サンプルの形状等により弊社で追加の作業が必要と判断した場合は別途料金をいただきます。また、サンプルの内容(例えば感染性の有無)によりお断りする場合がございます。
(注2)【ホスト(対象の野生生物) 由来のデータについて】
糞便や胃内容物に含まれているDNAは圧倒的にホスト由来のDNAが多いです。餌生物由来のDNAは、ホスト由来のDNAと比較すると存在量が少なく、また消化によって断片化されているため、DNAを増幅するのが困難です。そのため何も処理しないと、配列データの約70%以上はホスト由来の配列になります。生物技研では、ホスト由来のDNAの増幅を抑制するブロッキングプライマーを生物種ごとにご用意します。これを用いると餌生物由来のデータの割合が飛躍的に向上し、より信頼性の高いデータが得られます。

3.野生生物の食性解析の具体例

スーパーで購入した魚類の内臓を用いて、食性解析を行いました。
以下に、検出された生物由来のリード数を棒グラフで示します。

foodhabit

4.ちらし

野生生物の食性解析のちらし 野生生物の食性解析のパンフレットPDF

5.お問合せ・サンプル送付先

お問合せ・お見積り依頼

お問合せフォーム、メール(dna@gikenbio.com)、または お電話(042-780-8333)でお気軽にご相談ください。

サンプル送付先

2019年6月10に移転しました。送付先が変更になっていますので、ご注意ください。
株式会社生物技研
〒252-0154 神奈川県相模原市緑区長竹657 / TEL 042-780-8333
※平日着でお送りください。発送は元払いでお願いしています。

<添付書類>
サンプル情報提供用紙→サンプル送付時に同封ください。
オーダーシート→dna@gikenbio.comへ送信ください