遺伝子解析サービスについて

遺伝子解析サービスについての注意事項

1.弊社が提供するDNA解析サービスは調査および試験研究目的に限定して販売いたしております。その他の目的(医療、臨床診断、検査等)には利用しないでください。

2.「国立感染症研究所病原体等安全管理規程 http://www0.nih.go.jp/niid/Biosafety/kanrikitei3/」に準じて、ヒトに対する病原性レベルが、バイオセーフティーレベル3以上の微生物等およびHIV、HCV、HBVウイルスに感染している、あるいは感染している疑いのあるサンプルについては受け入れておりません。

3.弊社は遺伝子組み換えの申請をしておりませんので遺伝子組み換えサンプルの取り扱いができません。したがいまして、形質転換された生物の受け入れおよびそのからの核酸抽出等の作業はお受けできません。

4.ヒト臨床サンプルの場合はお客様ご所属施設の倫理委員会等で承認され、匿名化された検体を提供ください。

5.その他、弊社作業者の安全性確保が難しいと判断されるサンプルについてはお断りさせていただく場合がございます。

6.ご提供頂きましたサンプルおよびライブラリ(調製済サンプル)、解析生データは納品後3ヵ月保管の後、破棄させて頂きますので予めご了承ください。
※3ヶ月を超えての保管およびサンプルの返送は有償となりますので、別途ご連絡願います。

7.弊社サービスを用いて得られた結果が原因となり生じた損失・損害等について、サービスの仕様上、責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

8.サービスの仕様等につきまして、予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。

次世代シーケンス解析

生物種の同定

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. キムチ
  2. 口腔内細菌相解析
  3. 味噌-2

最近のブログ

  1. 2019.6.18

    LoopSeq を使用した16S全長解析のデモデータ

    LoopSeq を使用した16S全長解析のデモデータを見てみたいというお問い合わせを何件かいただいて...
  2. 2019.6.3

    やぎのキャラクターについて

    6月10日からの新社屋での稼働へ向けて準備が進んでおります。6月1日(土)に出入口が完成しました。
  3. 2019.5.19

    細菌叢の系統推定結果を属レベルから種レベルに

    2018年秋から、EzBioCloud 16S database を使用したデータ解析をアンプリコン...
ページ上部へ戻る