アーカイブ:2017年 7月

  1. ステリべクス(Sterivex)について

    現在環境DNA解析のために行う水サンプルからのDNAの回収は、ポアサイズ0.7ulのGF/Fフィルター+吸引ろ過で行っています。

  2. となりの環境DNA 第1回 豊平川(札幌市)

    豊平川でとなりの環境DNA第1回のサンプリングをしてきました。やはり実際に現場でやってみるとすぐに問題点も見つかり、アイデアも出てきます。出張の楽しみが一つ増えました。

  3. となりの環境DNA

    となりの環境DNAという企画を始めました。弊社がご提供している環境DNA解析サービスではなかなか興味深いデータが次々と得られております。しかしながら、お客様のデータであるのでそれをお伝えすることはできません。

最近の記事

  1. 2019.5.19

    細菌叢の系統推定結果を属レベルから種レベルに

    2018年秋から、EzBioCloud 16S database を使用したデータ解析をアンプリコン...
  2. DADA2

    2019.5.19

    QIIME1とQIIME2の違いについて

    弊社ではアンプリコンシーケンス解析のデータ解析において、QIIMEのバージョンはQIIME2を標準と...
  3. 2019.5.6

    田舎で暮らす

    10連休もあっという間でした。天気にも恵まれ今年はしっかりと畑の準備をすることができました。
ページ上部へ戻る