アーカイブ:2017年 10月

  1. となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。9月21日に農業関係の打ち合わせが伊那であったので、往路の道中寄り道してサンプリングした結果です。諏訪から杖突峠を越え、箕輪川へ下ってサンプリングしました。箕輪川では4地点でサンプリングしました。

  2. となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。15-20mくらいの範囲で、流水、止水、その中間くらいのポイントでサンプリングした結果です。大幅には変わりませんでしたが、何種類かについては検出されたポイントと検出されなかったポイントがありました。

最近の記事

  1. 2019.5.19

    細菌叢の系統推定結果を属レベルから種レベルに

    2018年秋から、EzBioCloud 16S database を使用したデータ解析をアンプリコン...
  2. DADA2

    2019.5.19

    QIIME1とQIIME2の違いについて

    弊社ではアンプリコンシーケンス解析のデータ解析において、QIIMEのバージョンはQIIME2を標準と...
  3. 2019.5.6

    田舎で暮らす

    10連休もあっという間でした。天気にも恵まれ今年はしっかりと畑の準備をすることができました。
ページ上部へ戻る