ブログ

となりの環境DNA_相模川編

自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。15-20mくらいの範囲で、流水、止水、その中間くらいのポイントでサンプリングした結果です。大幅には変わりませんでしたが、何種類かについては検出されたポイントと検出されなかったポイントがありました。なお、最近少し話題になっているコクチバスが検出できればと思っていたのですが、残念ながら検出されませんでした。

サンプリング日時と場所 日時:2017年9月20日AM7時30分 / 場所:北緯 35.558499 東経 139.320582

流水のサンプリングポイント付近です。水深は20cmもなく、流れが結構あります。

止水のサンプリングポイントです。岸寄りの場所で水深は50cmくらいありました、

中間のポイントは写真左寄りの少し流れがある場所で行いました。

 

関連記事

最近の記事

  1. 本日から応用生態工学会に参加しております。明日の口頭発表は面白い話がたくさん聞けそうです。
  2. 2018.9.7

    技術
    DNA抽出や前処理についてちょくちょくお問い合わせを受けます。
  3. 2018.8.17

    コストダウン
    夏休みの自由研究の報告です。
ページ上部へ戻る