ブログ

ホースクリップ

今年も一年お世話になりました。

今年は環境DNA関係の仕事で機材の開発など、いろいろと面白い仕事ができました。

秋に公開したステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムの追加情報です。弊社は日常的にろ過作業を行っているのですが、数をこなしていくうちにペリスタポンプ用のシリコンチューブと紫色のコネクターの部分の結合力に個体差があることが判明しました(シリコンチューブの問題だと思います)。ステリべクスフィルターが泥や生物由来の粒子で目詰まりが進んでいくと流速が落ちていき、ホース内の圧力が高くなっていきます。通常は流速がかなり落ちるまでは(ポタッ、ポタッ、と垂れるぐらい)、接続部分が圧力に耐えかねてすっぽ抜けることはないのですが、たまにそこまで流速が落ちていないにのも関わらず、すっぽ抜けることが発生しました。そこで最近接続部分にホースクリップを付けました。クリップ式ホースバンドという名称でモノタロウで259円/10個で購入できます。これを装着してからはそのような現象はみられなくなりました。これで複数のろ過システムをスタートさせて、ろ過が完了するまで安心して他の仕事ができるようになりました。

来年もいろいろと工夫をしていきたいと思っています。

それでは良いお歳を

関連記事

最近の記事

  1. LoopSeq を使用した16S全長解析のデモデータを見てみたいというお問い合わせを何件かいただいて...
  2. 6月10日からの新社屋での稼働へ向けて準備が進んでおります。6月1日(土)に出入口が完成しました。
  3. 2018年秋から、EzBioCloud 16S database を使用したデータ解析をアンプリコン...
ページ上部へ戻る