アーカイブ:2019年 5月

  1. 細菌叢の系統推定結果を属レベルから種レベルに

    2018年秋から、EzBioCloud 16S database を使用したデータ解析をアンプリコンシーケンス解析のオプションとして始めています。これは、QIIME解析で使用するデータベースを Greengene から EzBioCloud 16S database に変更するサービスです。

  2. DADA2

    QIIME1とQIIME2の違いについて

    弊社ではアンプリコンシーケンス解析のデータ解析において、QIIMEのバージョンはQIIME2を標準とすることにいたしました(2019年5月20日受注分から)。すでにお見積り済の方には、受注時にQIIME1またはQIIME2のいずれをご希望かを確認した上で進めさせていただきます。

  3. 田舎で暮らす

    10連休もあっという間でした。天気にも恵まれ今年はしっかりと畑の準備をすることができました。畑の春のごちそうは各種の菜の花です。今うちの畑はのらぼうが美味しく、畑で採ってそのまま食べると最高です。5月の青空の下で里山の風景をぼんやり眺めていると生きているだけで幸せっていう感じです。

最近の記事

  1. 2019.6.18

    LoopSeq を使用した16S全長解析のデモデータ

    LoopSeq を使用した16S全長解析のデモデータを見てみたいというお問い合わせを何件かいただいて...
  2. 2019.6.3

    やぎのキャラクターについて

    6月10日からの新社屋での稼働へ向けて準備が進んでおります。6月1日(土)に出入口が完成しました。
  3. 2019.5.19

    細菌叢の系統推定結果を属レベルから種レベルに

    2018年秋から、EzBioCloud 16S database を使用したデータ解析をアンプリコン...
ページ上部へ戻る