サンガ―法によるDNA解析

生物種の同定(サンガ―法によるDNA解析)

サンガー法によるDNA解析は、DNA配列を調べる方法として最も広く使われている方法です。
DNA抽出からDNAの配列決定や種同定まで、1万円でご依頼いただけます。
どのようなサンプルについて何を調べたいのかをご連絡いただければ、最適なサービスをご提案いたします。

サンガー法によるDNAの解析

価格 10,000円/サンプル(税別)
納期 15営業日 ※実績のある解析についてはより短納期で可能です。
解析の流れ お客様
・サンプルを冷凍便で弊社に送付
弊社
・サンプルからDNAを抽出
・PCR法でミトコンドリアDNAの部分配列を増幅
・PCR産物の塩基配列を決定
・データベースの配列と比較して、生物種を推定
・報告書の作成
2017年1月よりサンプル情報提供用紙のご記入をお願いしております。
必ずこちらの「サンプル情報提供用紙」にご記入いただき、解析サンプル発送時に同封願います。

 

サンガー法によるDNAの解析の具体例

1.二ホンメダカの地域個体群の判別

現在二ホンメダカはいくつかの地域個体群に分かれています。ミトコンドリアDNAの部分配列を決定することで、そのメダカがどの地域個体群に属するのかを判別できます。
ヒレの一部をご提供いただくことで解析が可能です。

2.ウナギの種判別

スーパー等で販売されているウナギの蒲焼きから、使われているウナギの種類が特定できます。
ウナギの蒲焼きの一部(できるだけタレがかかっていない白い部分)で解析可能です。
うなぎ

次世代シーケンス解析

サンガー法によるDNA解析

次世代シーケンスデータのDDBJへの登録について 遺伝子解析サービスについて

なんでもかんでもアンプリコンシーケンス

  1. 口腔内細菌相解析
  2. お米のRAD-seq解析
  3. 土壌用DNA抽出キット

最近のブログ

  1. 2017.9.20

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システム本格稼働

    ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 2017.9.12

    となりの環境第2回結果

    夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 2017.9.8

    環境DNA解析に使用するフィルターについて

    環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る