COI:IntF-HCOmR プライマー情報(ブロッキングプライマー使用時)

●プライマー配列(5’→3’)
IntF:
ACACTCTTTCCCTACACGACGCTCTTCCGATCT-GGWACWGGWTGAACWGTWTAYCCYCC
HCOm:
GTGACTGGAGTTCAGACGTGTGCTCTTCCGATCT-TAHACTTCNGGGTGKCCRAARAATCA

細字:アダプター配列(2nd PCR用のプライマーとの相同部分)
太字:ITS との相同配列

●参考文献
Leray M et al. Frontiers in Zoology (2013) 10:34 (IntF)

●1stPCR後の増幅長
約430 bp

1stPCRの反応組成と反応条件例

以下は、 PCR 酵素に ExTaq HS [TaKaRa]を使用した例です。
他の PCR 酵素を使用する場合は、そのPCR酵素推奨の反応組成・反応条件で調製してください。

●反応組成

10x Ex buffer
2.0 ul
dNTPs (each 2.5 mM)
1.6 ul
10 uM Forward primer
1.0 ul
10 uM Reverse primer
1.0 ul
10 uM Blocking primer
8.0 ul
Template DNA (1ng)
1.0ul
ExTaq HS[TaKaRa](5 U/ul)
0.2 ul
滅菌蒸留水
5.2 ul
Total
20 ul

 

●反応温度

94°C
2min
94°C
30sec|
67°C※1
15sec|
52°C
30sec|30-35 cycles
72°C
30sec|
72°C
5min

※1 ブロッキングプライマー配列に応じて変更してください。

遺伝子解析サービスについて

DDBJへの登録について

新しい試み