お知らせ

3.122019

定量アンプリコンシーケンス解析のモニター募集

現在のアンプリコンシーケンス解析はリード数による各生物種の相対割合の情報を得ることができますが、DNA量(コピー数)の計算はできません。つまり定量的な解析ではないです。定量的な解析は皆様が待ち望んでいるという認識であり、1年ほど準備をしてきました。ようやく準備が整いつつあるので、最後のブラッシュアップ作業とサービスのPRにご協力していただこうと考えております。そこでモニターを募集することにしました。

一番ご利用が多いと考えている16S rRNAをターゲットとした細菌叢解析について定量解析を無償で行い、その結果の一部を弊社の販売促進に利用させていただくというものです。

解析の原理としては産業技術総合研究所が開発した標準物質(ベクター)をサンプルにスパイクインして検量線を作成→DNAコピー数を算出するというものです。

マイクロバイオーム解析の精度管理のための人工核酸標準物質を開発

弊社は産業技術総合研究所とライセンス契約をしております。

採用数は3-5を考えております。選定方法はメールや直接打ち合わせさせていたただいた結果、弊社の主観で決定させていただきます。今月25日から東京農業大学で開催される農芸化学会に出展させていただくので、当日ブースで本件について打ち合わせさせていただくことも可能です。開発元の産業技術総合研究所の関口様も27日にマイクロバイオームのシンポジウムに参加するようです。

弊社としては微生物叢の解析を皮切りに、全ての生物相解析を定量化したいと考えております。是非ともご協力お願いいたします。

過去のお知らせ

  1. 8.222019

    第2回NPO法人有明海再生機構ワークショップ

    10月6日(日)に福岡で開催される、第2回NPO法人有明海再生機構ワークショップ「環境DNA分析及び...

  2. 8.192019

    環境DNAに携わる実務者の集い

    9月27日-30日に広島大学(東広島)で行われる応用生態工学会第23回広島大会で「環境DNAに携わる...

  3. 8.102019

    日本進化学会 サマージャンボ宝くじ 当せん発表!!

    日本進化学会では、弊社ブースに足を運んでいただき、誠にありがとうございました。

ブログ

  1. 2019.9.20

    ヤギの乳
    なんだかそろそろ出産なんじゃぁないかと思っています。
  2. 今年は長いお盆休みをいただきました。本日から気合を入れなおして再スタートです。
  3. お盆も猛暑が続いております。さらに西日本に大型の台風上陸のようです。
ページ上部へ戻る