腸内細菌相解析のデータアップしました

アンプリコンシーケンス解析のページに腸内細菌相解析のデータをアップしました。

同じ食生活をしていても家族間でかなり異なりました。

普段と違う食事にすると短期間で菌相の変化がみられました。

(通常は魚と野菜中心の食事ですが、夕食に辛いラーメンと餃子、ワイン(多め)として翌日午前にサンプリングしています)

採便管での常温保存(今回は5月なので温度は20℃前後)では数日経過すると一部のグループで増加がみられ、菌相が若干変化しました。

アンプリコンシーケンス解析