お知らせ

5.32017

環境DNA解析用の水サンプルの保管と発送方法について

環境DNA解析用の水サンプルについては保管と発送を冷蔵でお願いしておりました。

最近「塩化ベンザルコニウムの添加」による常温保管の論文が発表されました。

論文情報

A simple method for preserving environmental DNA in water samples at ambient temperature by addition of cationic surfactant

塩化ベンザルコニウム0.01%添加で10日程度の保存が確認されているようです。

塩化ベンザルコニウムは「オスバン消毒液」という製品名で10%のものが販売されているので、水1Lに対してオスバンを1ml添加すればよいと思います。

冷蔵保管と発送が難しい場合の参考としていただければ幸いです。

過去のお知らせ

  1. 9.122017

    日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会3学会合同大会に出展します

    名古屋大学で9月22日-25日に開催される日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会3学会合同...

  2. 8.282017

    サービスアップとキャンペーン

    本日よりサービスアップとキャンペーンを開始します。

  3. 8.222017

    環境微生物系学会合同大会2017に出展します

    8月29-31日に東北大学で開催される環境微生物系学会合同大会2017に出展します。

ブログ

  1. ステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムか稼働し始めました。
  2. 夏の出張でサンプリングしたいくつかの地点の結果がでました。
  3. 環境DNAの解析では水サンプルからDNAを回収するのにフィルターろ過で行います。
ページ上部へ戻る