新サービス

CRISPR-Cas9 によるゲノム編集結果をまるっと解析「CRISPResso2」

ゲノム編集後の配列・変異率が確認できる

CRISPR-Cas9 によるゲノム編集を行い、編集結果を確認したい方にオススメです(CRISPR-Cas9 によるゲノム編集でない場合は、カスタム多型解析をオススメします)。

まず、アンプリコンシーケンス解析で配列データを取得します。
その配列データをCRISPResso2で解析すると、アライメントされた配列や変異率のデータを得られます。

CRISPResso2

▲CRISPResso2解析の結果の一部

>> CRISPResso2解析のデモデータはこちらでご覧いただけます

CRISPResso2を用いた解析の価格と納期

価格 アンプリコンシーケンス解析と同じ
(追加料金はかかりません。CRISPResso2を用いたデータ解析希望とお伝えください)
納期
ご提供いただきたい情報 ・プライマー配列(※1)と増幅長
・アンプリコン配列
・ガイド配列
ご提供いただきたい情報 ・以下のデータをDVD等の記録媒体に保存して納品します。
・報告書
・シーケンス生データ(fastq形式)
・CRISPResso2の解析結果
・DDBJのデータベース登録に必要なデータ

※1 プライマーはゲノム編集箇所を挟むように、かつ増幅産物長が120~500 bpとなるように設計してください。