ブログ

  1. 試合

    昨日は日経バイオテク プロフェッショナ/ルセミナー微生物叢を活用したビジネス最前線で講演とパネルディスカッションに参加させていただきました。大勢の人の前で話すのは久しぶりなので、どんな感じになるのかと少し心配でした。

  2. 講演します

    3月19日に日経バイオテクプロフェッショナルセミナー「微生物叢を活用したビジネス最前線」で講演させていただくことになりました。「弊社はDNA解析を誰もが利用できる身近な技術へ」を会社の方針の一つにしています。

  3. いろんなものからDNAを抽出する

    久しぶりにに技術系の話です。現在年度末の繁忙期の真っ最中です。自分は主にお客様から送らてくるサンプルからのDNA抽出を担当しています。繁忙期ということもあり、様々なサンプルが送られてきます。

  4. 仮面ライダー

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。15年ぶりに「学者・博士」が男の子の将来なりたい職業の1位になり、日本人がノーベル賞を受賞したことが理由であるというニュースが流れていました。

  5. ホースクリップ

    今年も一年お世話になりました。今年は環境DNA関係の仕事で機材の開発など、いろいろと面白い仕事ができました。秋に公開したステリべクス+ペリスタポンプのろ過システムの追加情報です。

  6. 生物技研は町工場です。

    普段はテレビドラマはほとんど見ないのですが、たまたま先々週くらいから始まったNHKの「マチ工場のオンナ」という番組を久しぶりにみています。弊社は次世代シーケンサーを使って楽しい仕事がしたいということで独立しました。

  7. となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。9月21日に農業関係の打ち合わせが伊那であったので、往路の道中寄り道してサンプリングした結果です。諏訪から杖突峠を越え、箕輪川へ下ってサンプリングしました。箕輪川では4地点でサンプリングしました。

  8. となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。15-20mくらいの範囲で、流水、止水、その中間くらいのポイントでサンプリングした結果です。大幅には変わりませんでしたが、何種類かについては検出されたポイントと検出されなかったポイントがありました。

  9. ナノバブル水

    ナノバブル水と検索するとたくさん出てきます。自分も直接および間接的にいろいろな情報を聞いています。弊社のかかわっている分野でいうと、農業や養殖で活用が進んでいるようです。しかしながら、どのケースでも科学的な検証が進められていないようです(論文検索をさぼっているだけかもしれません)。

  10. ろ過システムの使用機材

    先週末の応用生態工学会でろ過システムについてのお問い合わせをたくさんいただいたので、使用機材リストを公開します。ご質問等ございましたらお気軽にご連絡願います。

最近の記事

  1. 2018.5.20

    ろ過

    今日はとっても気持ちがいい五月晴れでしたね。午前中は近くの雑木林で子供と遊んでました。
  2. 2018.4.30

    もう一つの戦い

    G.W3日目、皆様いかがお過ごしでしょうか?自分は本日午前中自転車の練習会に参加しようと思っていたの...
  3. 2018.4.2

    戦い

    本日から新年度になりました。
ページ上部へ戻る