ブログ

  1. となりの環境DNA

    となりの環境DNAという企画を始めました。弊社がご提供している環境DNA解析サービスではなかなか興味深いデータが次々と得られております。しかしながら、お客様のデータであるのでそれをお伝えすることはできません。

  2. 機械との関係

    最近人工知能とか機械学習、ディープラーニングって言葉を耳にすることが多くなってきたと思います。次世代シーケンス解析で得られた大量のDNA配列データもディープラーニングを使って解析しようという流れがきています。最近気になったニュースはアルファ碁同士が対戦した棋譜を公開した記事です。

  3. アサリの解剖

    今日はとある水産系のコースがある高校にアサリの解剖を学びに行きました。目的は、消化管の摘出→DNA抽出→アンプリコンシーケンスして、アサリの食性を解析したいからです。久しぶりに新しい手仕事を習いました。写真は指導していただいた方の作品で、自分はもう少し修行が必要です。

  4. 8連チューブの蓋開けツール

    3月-4月と実験したり、実験に必要な機材を選定したりと現場仕事が増えています。自分が学生だったのは20年ほど前なのですが、実験器具や機械はものすごく進化していたり、逆にまったく変わっていなかったりといろいろです。

  5. Bio FabLab

    昨日はFabLabの方がおいでいただき、いろいろとお話しさせていただきました。弊社は企業や研究者向けでなく、生物に興味のある一般の人がご利用していただくDNA解析サービスもご提供しております。

  6. 本年度もよろしくお願いします。

    本日から2017年度です。皆様のご協力で無事一年目を迎えることができました。本当に感謝しております。年度末の仕事がギリギリ先週の半ばまで続いており、人も機械もフル稼働の状態が続いておりましたが、なんとか予定どおり仕事をこなすことができました。

  7. 研究と勉強の違い

    先週よりスピードラーニングの中国語を始めました。これとは別に3ヶ月ほど前からスピードラーニングで英語もやっています。中国語はこれまでの人生で一度も覚えようとしたことがありませんでした。

  8. 知ることの楽しさ

    八王子で二つの保育園を運営している社会福祉法人同志舎の理事をさせていただくことになりました。全く初めての分野です。昨日は初めての理事会で、全てが新鮮でした。弊社は生物学における最前線の業務をしているとの認識ですので、今後は何らかの形で還元していければと思っております。

  9. 生態系の活用

    冬の間に食べる用のヤツガシラに土寄せして今年の農作業終了です。今年の秋は天候不良で業務多忙で堆肥の実験も結局頓挫してしまいました。先月帯広で行われた農業関係のシンポジウムで鹿児島県での土着天敵生物の利用に関する発表がありました。

  10. 口腔内細菌叢

    最近はオーラルケアもプロバイオティクス製品が結構あるようです。知り合いがいくつかの製品を自分で試していました。体感できるレベルらしく、位相差顕微鏡を使って観察したところ、短時間で細菌叢が変化したようです。動画をみせてもらいましたがかなり面白いです。なので自分でも試してみようと思います。

最近の記事

  1. 2017.10.4

    となりの環境DNA_伊那編

    立て続けのアップです。
  2. 2017.10.3

    となりの環境DNA_相模川編

    自宅近くの相模川でサンプリングポイントの違いで検出される魚種が変わるかをやってみました。
  3. 2017.9.28

    ナノバブル水

    ナノバブル水と検索するとたくさん出てきます。自分も直接および間接的にいろいろな情報を聞いています。
ページ上部へ戻る