ブログ

  1. ろ過フィルター

    濁った水対策のためのフィルターテストの結果が出たので報告します。2サンプルしかやっておりませんが、面白い結果になりました。写真のように直径47mmのフィルター用のハウジングといつも使っているステリベクス(ポアサイズ0.22um)を直結してろ過します。

  2. ホルマリンサンプル

    ホルマリン固定サンプルに関しては今までお断りしていたのですが、コンスタントにお問い合わせがあるのでやってみることにしました。市販のキットを流用して動物組織からDNA抽出したところ、問題なくシーケンスまで進んで種同定できました。弊社の技術力ではなく、キットの技術力です。

  3. 【青汁搾り】

    昨日今日と十勝で乳搾りしてきました、、、ではなく青汁搾ってきました。植物に共生する微生物の回収方法の技術講習です。ジャガイモの葉っぱから青汁を作って、その中から微生物だけを取り出すって感じです。習い事をするのは久しぶりです。

  4. 水産学会誌へ寄稿させていただきました

    日本水産学会誌84巻3号の企業だよりに寄稿させていただきました。詳しくはこちらです。弊社は3年目に突入しました。おかげさまでこの2年で技術の蓄積も進みました。今後も継続して技術の蓄積に力を入れていくと同時にDNA解析という比較的新しい技術を使って社会に貢献していきたいと考えています。

  5. 結果発表

    実験室のコンタミネーション検証の結果が出ました。今回はきちんとお伝えするため技術的な内容になってしまいます。実験内容ですが、実験室の大気を24時間ほどフィルターにサンプリングしました(直径13mmのフィルター2枚)。

  6. ろ過

    今日はとっても気持ちがいい五月晴れでしたね。午前中は近くの雑木林で子供と遊んでました。んで、午後は自由研究してました。課題であった濁った水サンプルへの対応です。すぐにフィルターが目詰まりを起こしてしまい、ろ過量が稼げなかったサンプルの対処法にめどがたちました。

  7. もう一つの戦い

    G.W3日目、皆様いかがお過ごしでしょうか?自分は本日午前中自転車の練習会に参加しようと思っていたのですが、昨日一昨日の疲れが全然抜けておらず、G.Wの自由研究をすることにしました。次世代シーケンス(NGS)はコンタミネーションをいかにコントロールするかが重要です。

  8. 戦い

    本日から新年度になりました。昨年度も多数のご依頼をいただき、いろいろなサンプルで経験を積ませていただきました。本年度もよろしくお願いします。環境サンプルはPCR阻害物質との戦いであることを痛感した一年でした。今回はPCR阻害物質対策について少しお話しします。

  9. 試合

    昨日は日経バイオテク プロフェッショナ/ルセミナー微生物叢を活用したビジネス最前線で講演とパネルディスカッションに参加させていただきました。大勢の人の前で話すのは久しぶりなので、どんな感じになるのかと少し心配でした。

  10. 講演します

    3月19日に日経バイオテクプロフェッショナルセミナー「微生物叢を活用したビジネス最前線」で講演させていただくことになりました。「弊社はDNA解析を誰もが利用できる身近な技術へ」を会社の方針の一つにしています。

最近の記事

  1. 2018.9.23

    保冷剤あげます

    弊社は毎日お客様からサンプルが到着します。
  2. 2018.9.7

    技術

    DNA抽出や前処理についてちょくちょくお問い合わせを受けます。
  3. 2018.8.17

    コストダウン

    夏休みの自由研究の報告です。
ページ上部へ戻る