ITS2領域:fITS7 – ITS4 プライマー情報

●プライマー配列(5’→3’)
1st-fITS7:
ACACTCTTTCCCTACACGACGCTCTTCCGATCT-GAACACAGCGAAATGTGA
1st-ITS4:
GTGACTGGAGTTCAGACGTGTGCTCTTCCGATCT-TCCTCCGCTTATTGATATGC

細字:アダプター配列(2nd PCR用のプライマーとの相同部分)
太字:ITS との相同配列

●参考文献
Ihrmark K et al. FEMS Microbiol Ecol (2012) 82(3):666-677

●1stPCR後の増幅長
ITS領域は生物種により長さが異なるため、複数の長さの増幅産物が得られる可能性があります。

1stPCRの反応組成と反応条件例

以下は、 PCR 酵素に ExTaq HS [TaKaRa]を使用した例です。
他の PCR 酵素を使用する場合は、そのPCR酵素推奨の反応組成・反応条件で調製してください。

●反応組成

10x Ex buffer
2.0 ul
dNTPs (each 2.5 mM)
1.6 ul
10 uM Forward primer
1.0 ul
10 uM Reverse primer
1.0 ul
Template DNA (1ng)
1.0ul
ExTaq HS[TaKaRa](5 U/ul)
0.2 ul
滅菌蒸留水
13.2 ul
Total
20 ul

 

●反応温度

94°C
2min
94°C
30sec|
50°C
30sec|25-35 cycles
72°C
60sec|
72°C
5min

遺伝子解析サービスについて

DDBJへの登録について

新しい試み