環境DNAの解析 FAQ

環境DNAの解析 よくあるご質問

Q1.採水容器は提供してもらえますか?

基本的にはお客様自身でご用意いただいています。
弊社からご提供する場合はアイボーイ広口瓶 1 Lをお送りしておりますが、有償となります。新品容器は500円(税別)、ブリーチ済のリサイクル品は250円(税別)です。オスバン消毒液(用途はQ3を参照)をお付けしています。

Q2.採水時の注意点はありますか?

●容器
ポリ瓶を再利用する場合は10倍希釈した漂白剤(ブリーチ)に3時間以上浸した後、蒸留水でよく流してからお使いください。新品の場合はこの作業は必要ないと考えていますが、慎重を期す場合は行ってください。
●採水
必ず手袋をして採水してください。
●保存
採水後はできる限り早く冷蔵保存してください。冷蔵保存が難しい場合は、下記Q3の「冷蔵保存・送付が難しい場合」を参考にしてください。

採水方法 PDFをダウンロード

Q3.サンプル送付時の注意点はありますか?

サンプルが漏れないように蓋をしっかり閉めてください。
必ず冷蔵便で、下記へ送付してください。
※冷凍は推奨しません。凍結融解に伴い細胞が破壊され、解析対象であるDNAが溶液中に放出され、フィルターを通り抜けてしまうためです。

冷蔵保存・送付が難しい場合
「オスバン消毒液」を添加し、常温保存する方法がございます。
2017年4月に発表された下記の論文にて、塩化ベンザルコニウム0.01%添加により10日程度の保存が確認されています。
塩化ベンザルコニウムは「オスバン消毒液」という製品名で10%のものが販売されているので、水1Lに対してオスバンを1ml添加すればよいです。
<参考論文>A simple method for preserving environmental DNA in water samples at ambient temperature by addition of cationic surfactant

======================================
サンプル送付先 ※平日着でお願いします。発送は元払いでお願いしています。
————————————–
移転のため送付先が変更になりました。ご注意ください。
株式会社 生物技研
〒252-0154 神奈川県相模原市緑区長竹657 / TEL 042-780-8333
======================================

Q4.見積書作成を依頼する際に必要な情報は何ですか?

<メタバーコーディング解析の場合>
・サンプル数
・解析対象(魚類相、動物相など)
<リアルタイムPCR解析の場合>
・サンプル数
・解析したい生物名

Q5.1つのサンプルで2つの生物種を網羅的解析できますか?

可能です。
<価格例>

・ろ過・DNA抽出
10,000円
・メタバーコーディング解析
20,000円×2=40,000円
  合計
50,000円(税別)

<納期>20営業日

Q6.1つのサンプルを網羅的・種特異的の2通りで解析できますか?

可能です。 ※リアルタイムPCR解析の対象が1生物種で、既にプライマーがある場合
<価格例>
・ろ過・DNA抽出 10,000円
・メタバーコーディング解析 20,000円
・リアルタイムPCR解析 20,000円
合計 50,000円(税別)

<納期>20営業日

Q7.どれくらいの量をろ過していますか?

送付いただいたサンプル全量をろ過することを基本としていますが、濁度が高い場合など、フィルターが目詰まりを起こした場合は、その時点でろ過終了となります。複数のフィルターを使用してろ過量を多くしたい場合は、2,500円/フィルター(税別)の追加料金が発生します。

Q8.ろ過フィルターはどちらを使うのですか?

2017年9月より0.22μm(PES)のフィルターが内蔵されているろ過ユニット「ステリべクス」の使用を基本としています。濁度が高い場合は状況に応じて1.2μm(GF/C)フィルターを用いたプレろ過をし、両方のフィルターからDNA抽出を行います。

Q9.調査したい生物種がデータベースに登録されているか調べることはできますか?

はい。対象の生物種名をお知らせください。データーベースに登録されているかお調べします。

お問合せの多い魚類と節足動物については、一覧をご用意しております。下記よりダンロードできます。
魚類用データベース登録種一覧.xlsx 節足動物用データベース登録種一覧.xlsx

一覧は、河川環境データベース(河川水辺の国勢調査)のリストに対して、弊社で使用しているデータベースの登録状況を示したものです。
:配列が登録されている。
:配列が登録されているが、どちらの種かは判断できない。

注)河川環境データベースと弊社データベースの間で登録の学名が違うために、配列の登録があるが「」がついていない場合があります。確認したい生物種がございましたら、お手数ですがお問合せいただければと思います。